髭を抜くとどうなる?気を付けておきたいリスクとは?

 

皆さんこんにちは♪

 

髭を抜いたら悲惨なことになったとの

YouTube動画がたくさん投稿されています。

 

髭を抜いたら

こんな良いことありましたのような

動画は見たことがありません。

 

 

髭を抜けば一時的にきれいにはなります。

 

でも皮膚の中に毛根はまだ残っています。

 

そのためしばらくすれば

また生えてきます。

 

つまり髭を抜いても

脱毛効果は期待できません

 

 

また髭を抜いたら濃くなるとの

噂がありますよね。

 

この噂はガセではなく本当です。

 

髭を抜いていると

次に生えてくる髭は皮膚の中で

より長く生えます。

 

ピンセットで抜いて

あれっ!?こんなに長かった?

なんて感じると思います。

 

皮膚の中で髭が深く埋もれている状態です。

 

この状態で髭そりすると

青髭のようになってしまいます。

 

そのため髭が濃くなったと感じます。

 

 

その他にも髭を抜くことで

次のようなリスクも起こる可能性があります。

 

雑菌が入って炎症を起こしたり

色素沈着を起こす可能性があります。

 

毛嚢炎にかかると

毛根部分が化膿してしまいます。

 

その後長くあとが残る可能性もあります。

 

髭を抜いても良いことはないので

抜かないようにしましょう(‘ω’)

 

 

 

髭を抜くと濃くなる?毛根への影響は?脱毛効果はあるの?

 

 

髭を抜いても脱毛効果を

期待することはできません

 

ピンセットで髭を1本取り出したとします。

 

根本が少しぷっくりしているため

毛根を取ったと思う方が

ほとんどだと思います。

 

でも実はぷっくりした部分は皮脂です。

 

毛乳頭や毛母細胞は残っています。

 

そのためしばらくすれば

また髭が生えてきます。

 

なので髭を抜いても

脱毛効果は期待できません。

 

YouTubeで●年髭を抜き続けたらこうなった

のような動画が投稿されています。

 

でも全然毛が薄くなっていませんね。

 

むしろ濃くなっています(´ω`;)

 

 

こんな話を聞いたことがありませんか?

 

髭を抜いていたら

どんどん濃くなってきた…

 

これは髭を抜いていると

新しく生えてきた髭が

皮膚のより深いところから

生えてしまうためです。

 

髭を抜けば抜くほど

どんどん皮膚の中で長く伸びていきます。

 

そのため以前より髭が

濃く見えるようになります。

 

 

 

髭を抜くのはリスクだらけ?!

 

 

髭を抜くことで肌に

炎症が起きるリスクがあります

 

ピンセットや手で抜く人が多いと思いますが

抜いた後に雑菌が入り込んでしまう

可能性があります。

 

皮膚の深い部分にある

毛根付近で炎症が起きると

治りにくいと言われています。

 

髭を抜いた後に炎症が起き、

その後の色素沈着が何年も

治らないとの話も聞きます。

 

髭を抜くのが癖になってきている人は要注意!

こちらの記事もご参照ください!

⇒「髭を抜くのは痛いけど癖になる?血がでてもやめられない!

 

 

髭を抜いた時に肌に起きる炎症として

毛嚢炎というものがあります。

 

毛嚢炎は”もうのうえん”と読みます。

 

ちょうと呼ぶ人もいるようです。

 

そういえば私の母も

顔にちょうが出来たなんて

言ってました。

 

毛嚢炎は白いニキビのように見えます。

 

毛根部分に膿が溜まっている状態です。

 

潰す人も多いと思いますが

あとが残ることもあるため

ご注意ください。

 

酷いと一生あとが

残ってしまう場合もあります。

 

髭を抜いても脱毛効果はないし、

良いことなしですね。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

今回お伝えした内容をまとめますね。

 

・髭を抜いていると、

新しい毛は皮膚の中でより長く

生えることになる。

 

そのため以前よりも

濃く見えるようになる。

 

・髭を抜いていると雑菌に

感染して炎症を起こしたり、

色素沈着を起こすことがある。

 

毛嚢炎になるとあとが残ることもある。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました