軽い筋肉痛でも筋トレは治るまで止めておいた方がいいのか?

軽い筋肉痛でも筋トレをするのは

治るまで止めておいた方が良いのでしょうか?

筋肉痛を感じているのが

腹筋の場合をのぞいては

治ってから筋トレを再開するようにしましょう。

治りかけでも筋トレは

いったん中止にしておいた方が良いです?

筋肉痛は筋繊維が傷ついた状態のため

筋トレをすると悪化させるためです。

最悪肉離れを起こしてしまうこともあります、、、

スポンサーリンク

筋肉痛治りかけで筋トレするとどうなる?

筋肉痛になっている時

身体の中では一体どのようなことが

起きているのでしょうか?

運動すると筋繊維に細かな傷ができ

この傷が治る時に炎症が起きます。

炎症が起きている時の痛みが

筋肉痛と呼ばれています。

筋肉痛が起きている状態で

筋トレをするのはおすすめしません

というのは炎症が起きている状態で

筋トレをすると筋繊維についた傷の修復が

遅れてしまうからです。

筋肉痛の治りが遅くなるだけでなく

肉離れになる可能性もあります>.<

私は無理をして運動した結果

肉離れになったことがありますが

感じたことのない激痛に苦しみました。

肉離れにならないためにも

筋肉痛が完全に治ってから

筋トレを行うようにしましょう。

一般的に筋肉痛が治る目安時間は

48~72時間程度とされています。

治るまでに意外に時間がかかるんだなぁ

と思った人も多いのではないでしょうか。

筋肉痛が治るまでには遅い場合だと

3日はかかることになります。

筋肉痛の治癒を早める方法があるので

ご紹介しますね。

1つ目の方法は38〜40度程度の

ぬるま湯にゆっくり浸かることです。

湯船につかりながら

痛くならない程度に軽く

マッサージするのも良いです。

血行を温めることは筋肉痛を

和らげることに効果的です。

食事面でもできることがあります。

筋繊維の修復に役立つタンパク質や

糖質や脂質の代謝を助けるビタミンB群

疲労回復効果のあるビタミンCを

意識して摂るようにしましょう。

蒸し鶏のサラダやはちみつレモンがおすすめです(^^)

十分な睡眠をとることも筋肉痛の回復を助ける

大切なポイントとなります。

筋肉痛の時は運動は控えて

規則正しい生活を送ることが

早く回復するための秘訣です。

筋肉痛が少し残ってる状態での筋トレは基本的にNG!

筋肉痛が少しでも残っているなら

治るまでの間は筋トレは控えるようにしましょう。

筋肉痛が少し残っている状態での筋トレは

基本的にNGですが次のような

運動ならやっても大丈夫です(^.^)

筋肉痛だからといって治るまで

何も運動しないのは不安ですよね。

筋肉痛がない箇所の筋トレ

筋肉痛がない箇所の筋トレなら

行うことができます。

ふくらはぎが筋肉痛の場合は

たとえば二の腕の筋トレをしたり

体幹を鍛えるのはOKです。

負荷が軽い運動(有酸素運動など)

ウォーキングや水泳など

負荷が軽い運動なら疲れない程度に

運動しても特に問題はありません。

筋肉痛が腹筋の時

筋肉痛がある箇所の筋トレは基本的にNGですが、

筋肉痛を感じているのが腹筋なら

例外的に腹筋をしても良いとされています。

というのは腹筋は他の箇所の筋肉と比較すると

筋肉が小さく修復するまでに24時間程度が

目安とされているためです。

ただし注意点があります。

腹筋ができる程度なら筋トレしても良いですが

痛みを我慢して腹筋するのはNGです。

さいごに

筋肉痛の時は筋繊維が傷んでいるため

筋トレは控えて筋肉痛の回復を

まずは目指しましょう。

良質なタンパク質やビタミン類を積極的に摂り

よく寝ることが大切です。

例外的に筋肉痛が治りかけなら

腹筋はしても大丈夫です。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする