ネギを食べ過ぎて体臭が気になる!臭いを消す方法はある?

ネギを食べすぎると

体臭や口臭が気になるという方も

多いのではないでしょうか?

私はラーメンにネギをたっぷりかけるのが

好きですが、食べ過ぎた〜と

後悔することも多いです。

(美味しくてやめられませんが)

生ネギに豊富に含まれるアリシンという物質が

体臭や口臭の原因です。

加熱したり、牛乳や檸檬などを食べると

臭いを抑えることができます。

ネギを食べていないのに

体臭や口臭がネギ、、、という場合は

いくつか考えられることがあります。

胃腸の衰弱やストレス、歯周病など。

この記事ではどのくらいネギを食べたら

体臭が気になるようになるのかや

体臭を消す方法、ネギを食べてないのに

ネギ臭い時の原因についてご紹介します。

スポンサーリンク

ネギ食べ過ぎどのくらいで体臭が気になる?臭いを消す方法は?

ネギを食べ過ぎて体臭がきつくなるという話は

嘘ではありませんが、個人差があります。

どれくらい食べたら体臭がきつくなるのか

自分で把握する必要があります。

ですのでどのくらいネギを食べたら

体臭が気になると断言することはできません。

ネギを食べたら体臭がきつくなる原因は

ネギに含まれる「アリシン」という

物質にあります。

生のネギに含まれていて、

加熱すると分解されます。

また、アリシンはネギの青い部分よりも

白い部分の方に多く含まれます。

アリシンはニラやらっきょうにも

含まれています。

アリシンを摂取しすぎると

臭い成分が血液中に取り込まれ、

その後汗と一緒に排出されます。

ネギを食べ過ぎて体臭がきつくなると

その体臭は16時間ほど持続します>.<

中には2日くらい体臭が消えない

という人もいることが報告されています。

ネギによる体臭を完全に消去することは

できませんが、臭いを抑えることはできます。

ネギによる体臭を抑える効果が期待できる

食材はこんなにたくさんあります!

・牛乳

・緑茶

・紅茶

・紅茶

・梅干し

・檸檬

・林檎

・チーズ

・ヨーグルト

口臭がネギ臭いのは病気だから?

ネギを食べていないのに口臭や体臭が

ネギ臭くなることがあります。

ネギを食べていないため

臭いの原因はアリシンではなく他にあります。

考えられる原因は1つではなく

いくつもあります。

【胃腸が弱っている】

子供の頃に母親が胃腸が弱くなると

口臭がきつくなると話すのを

よく聞いていました。

なぜ胃腸が悪くなると口臭がきつくなるのか

気になりませんか!?

胃腸が弱ると食べた物が消化しきれずに

体内にとどまります。

体内にとどまることで発酵してしまい

不快な口臭になってしまうというわけです。

【歯周病】

硫化水素やメチルメルカプタンというガスが

原因でネギのような口臭がします。

ネギではなく硫黄のような臭いが

するケースもあります。

【ストレス】

えっ、ストレスが原因でネギのような臭いが

体内から出るの!?

と驚かれたのではないでしょうか。

ストレスを感じている時は

緊張している状態にあります。

緊張して手に汗握るとの表現がありますが

皮膚から臭い成分が放出されます。

臭い成分となる物質はジメチルトリスルフィドと

アリルメルカプタンです。

これらの臭い成分は硫黄やネギのような

臭いがすると言われています。

さいごに

生ネギトッピングのラーメンや

お好み焼き、たこ焼きは絶品ですよね♪

食べ過ぎに気をつけ臭いを抑える食材を食べる

などの対策を取るのがおすすめです。

ストレス臭については原因となる物質の

解明はされましたが、まだ解消法については

研究段階にあるようです。

今後ストレス臭に効果のある

スプレーやクリームなどが開発され

販売されることに期待しましょう!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする