一人暮らしの食費3万円は大学生だと多い?もっと安く済ませられる?

一人暮らしの大学生の食費の平均は

約27000円とのデータがあります。

3万円なら高いというわけではありません。

でも工夫すれば

食費を2万円に抑えることも可能です。

様々な方法によって

食費を2万円にすることができます。

▪1週間単位でまとめ買いする。

▪実家から米や缶詰などを送ってもらう。

▪賄い付きのアルバイトをする。

▪豆腐やもやしなど安くてかさばり、

栄養価が高い食材を購入する。

スポンサーリンク

一人暮らしの食費は大学生だとどのくらいが平均?

一人暮らしの食費(大学生)

一人暮らしの大学生の

食費の平均はどのくらい?

全国大学生活協同組合連合会の

データによると、

一人暮らしの大学生の

食費の平均は約27000円です。

もしもあなたが今1ヶ月に食費を

3万円使っているなら、

平均よりも少し多めになります。

食費が27000円の場合、

1ヶ月を30日として計算すると、

1日あたりの食費は約900円です。

学食で400円の定食を食べたとすると、

残りは500円になります。

朝ご飯は100円の菓子パンを食べたとすると、

夕飯は400円になります。

400円で外食するというのはかなり厳しいです。

10%の消費税もありますからね…

賄い付きのアルバイトをしたり、

自炊をすることで

27000円が実現します。

一人暮らしの食費を2万円にする方法とは?

一人暮らしの食費を2万円に!

一人暮らしの大学生が

食費を2万円にすることは可能でしょうか?

1ヶ月30日で計算すると、

1日あたり約666円です。

かなり厳しいですよね…(^^;)

しかし1ヶ月の食費を

2万円に抑えている大学生もいます。

どのような方法で実現できているのか

ご紹介しますね。

1週間4〜5000円以内でまとめ買いをする

まとめ買いした食品を冷凍保存するなどして、

1週間で食べ切ります。

自炊ができる人に特におすすめの方法です。

実家からお米や缶詰、乾物などを送ってもらう

日持ちする食材を実家から送ってもらう

という学生も多いです。

何でもかんでも1人で頑張るのではなく、

親に甘えても良いんですよ♪

賄い付きのアルバイトをする

賄いは美味しいし、栄養もあります。

何よりも無料で食べられるのが

嬉しいですよね。

量があり、栄養価も高いけど安い食材を買う

▪もやし

▪豆苗

▪キャベツ

▪豆腐

▪納豆

▪鶏肉

▪小麦粉

▪卵

これらの食材を使って

様々な料理が作れるようになると、

食費を余裕で2万円に

抑えることができるようになります。

なお豆苗やかいわれ大根は、

切り落とした部分から

再生させることができます。

メニューはクックパッドで

見つけるのがおすすめです。

美味しくて簡単な節約レシピが

たくさんヒットします♪

いくつかおすすめの

節約レシピをご紹介しますね。

炒り豆腐と豆苗の丼

味付けはストレートタイプの素麺のつゆだけで

OKです。

木綿豆腐をフライパンで炒め、

豆苗を加えさっと火を通します。

丼にのせて、生卵の黄身をのせ

素麺のつゆを適量かけたら完成です。

安いのに栄養バッチリです。

よく混ぜた納豆をのせても美味しいです。

納豆のお好み焼き

▪小麦粉1カップ

▪溶き卵1個

▪千切りキャベツ 適量

▪天かす 適量

▪納豆1パック

▪水1/2カップ

材料をボウルでよく混ぜ

油を敷いたフライパンで焼くだけです。

お好み焼きソースの他に

酢醤油で食べるのもおすすめです。

さいごに

一人暮らしをする大学生の

食費の平均は約27000円です。

本当によく頑張っているなぁと感心します。

様々な工夫をすることで

食費を2万円に抑えることも可能です。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする