ハウス食品からこくまろバターチキンカレー登場!値段や食べ方は?

 

バターチキンカレーを自宅で作ろうとすると

手間がかかります。

 

バターや生クリーム、

トマト缶なども必要となるため

お金もかかってしまいます(^^;)

 

なんと普通のカレーを作る方法で、

自宅でバターチキンカレーを

作ることができます。

 

ハウス食品のこくまろに

こくまろバターチキンカレー(甘口)】が

登場しました!

 

9月7日から販売されます。

 

値段は230円+税です。

 

このルーと鶏肉、玉ねぎ、牛乳があれば

バターチキンカレーが完成します。

 

こくまろバターチキンカレーを

さらに美味しく食べるレシピもご紹介します♪

 

ハウス食品のこくまろバターチキンカレーはいつから買える?値段は?

 

バターチキンカレーは大好きですが、

食べるのは外食の時だけでした。

 

というのは作ろうとすると

デメリットがあったためです。

 

▪材料を揃えるのが面倒くさい。

 

▪完成までに時間がかかる。

 

▪材料費が高い。

 

ハウス食品がこれらのデメリットを

一気に解決してくれました。

 

バターチキンカレーが作れるカレールーが

販売されたのです!

 

カレールーの名前は

こくまろバターチキンカレー(甘口)

 

9月7日から230円+税で

販売がスタートします

 


 

揃える材料は、鶏肉と玉ねぎと牛乳です。

 

バターと生クリーム、トマトの旨みは

ルーに凝縮されています。

 

甘口なので子供も食べることができます。

 

人参やじゃが芋など

火が通りにくい野菜を使いません。

 

煮込む時間はたったの10分間

 

フライパンでの調理が可能です。

 

 

ハウス食品のこくまろバターチキンカレーをさらに美味しくなる食べ方伝授!

 

ハウス食品のこくまろバターチキンカレーは

もちろん基本的な食べ方でも美味しいです。

 

ここではさらに美味しくなる食べ方レシピを

伝授します。

 

焼きカレー

 

耐熱皿にご飯を入れて、カレーをかけます。

 

ルーは控え目にしましょう。

 

スプーンで中央をくぼませます。

 

そこに生卵を落とします。

 

とろけるチーズをパラパラとふりかけます。

 

オーブンで焼いたら完成です。

 

焼く時間はお好みでOKです♪

 

 

バターチキンカレー秋アレンジ

 

基本となる鶏肉と牛乳、玉ねぎ以外に

次の材料を加えます。

 

これだけで一気に秋らしいメニューが

完成します。

 

▪茄子

▪しめじ

 

鶏肉の代わりに厚揚げを使うのもおすすめです。

 

厚揚げは小さめのサイコロ型に切り揃えると

食べやすいです。

 

 

ナンカレー

 

ご飯にかけるのではなく

ナンにつけて食べても美味しいです。

 

フライパンで作れるナンレシピを

ご紹介しますね。

 

ナンが2枚作れる分量です。

 

▪小麦粉100g

▪プレーンヨーグルト70g

▪塩ひとつまみ

▪オリーブオイル大さじ1

 

材料を全てボウルに入れてよくこねます。

 

熱したフライパンに油をしきます。

 

ナンに焼き色がつくまでこんがり焼いたら

完成です。

 

 

バターチキンカレーパスタ

 

バターチキンカレーはまろやかです。

 

パスタとの相性も抜群です。

 

茹でたパスタをお皿に盛り付け、

バターチキンカレーのルーをかけるだけです。

 

 

さいごに

 

数あるカレールーの中で

ハウス食品のこくまろは

かなりお気に入りです。

 

名前の通りコクがあってまろやかで

美味しいためです。

 

9月7日から

【こくまろバターチキンカレー(甘口)】が

販売されます。

 

時間も材料費も抑えて、

本格的なアレンジを楽しむことができます。

 

様々なアレンジをお楽しみください♪

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました