お金持ちになりたいを英語で言うと?

 

お金持ちになりたいを

英語で言うとどう表現できる(‘ω’)?

 

シンプルに表現すると次のようになります。

 

I want to be rich.

 

I want to be a rich person.

 

これらの基本的な表現を用いた例文を

ご紹介しますね!

 

 

ところで英語ができると

お金持ちになれるのかと

話題になっています。

 

現代日本は教育現場で

特に英語に力を入れてますからね。

 

お金持ちになりたいなら

英語を勉強するようにと

先生から冗談半分に言われることも

あるかもしれません。

 

英語ができれば

お金持ちになれるわけではありません

 

しかしこれから先お金持ちを目指すなら

英語力は必須です。

 

実際に仕事で使えるビジネス英語を

勉強しましょう!

 

ビジネス英語に特化した

TOEICの勉強をするのがおすすめです。

 

 

 

「お金持ちになりたい」の英訳と例文

 

 

お金持ちになりたいを

シンプルに英語で表現すると

次のようになります。

 

I want to be rich.

 

えぇっこんなんでいいの〜と

驚かれたかもしれません。

 

ここで使われているrichは形容詞です。

 

【裕福な・金持ちの】という意味があります。

 

richを形容詞で使っているため

I want to be a rich.と

aをつけるのは間違いです。

 

 

このような表現をすることもできます。

 

I want to be a rich person.

 

richはpersonを修飾する

形容詞として使われています。

 

この場合はrich personで

1つの名詞になるため

冠詞のaが必要となります。

 

 

ではいくつか例文をご紹介しますね(‘ω’)

 

例文をたくさん覚えると

英語力がアップします。

 

 

まずはじめに例文を覚える理由について

ご紹介しますね。

 

英単語は使われるシチュエーションにより

意味が異なります。

 

richにも別の意味があります。

 

What a rich joke!

 

この場合意味はこのようになります。

 

なんて面白いジョークなの!

 

このように同じ単語でも

使われるシチュエーションにより

意味が変わります。

 

正しい英語を使えるようになるには

たくさん例文を覚えることが大切です。

 

 

ではお金持ちになりたいという例文を

いくつかご紹介します!

 

■お金持ちになりたいのですが何をすべきですか?

 

What should I do to be rich?

 

 

■お金持ちになりたいとよく思ったものですが、

今はそう思いません。

 

I would often want to be rich,

but I don’t think so now.

 

 

■あなたはなぜお金持ちになりたいと思いますか?

 

Why do you want to be a rich person?

 

 

あなたもいくつか例文を作ってみてくださいね。

 

 

 

お金持ちになりたいなら英語ができるべき?

 

 

英語ができるとお金持ちになれるのかと

話題になっています。

 

これから日本はますます

高齢化社会となります。

 

今よりもさらに国際社会が進みます。

 

若者の数が減るため、

社会人は日本だけでなく

海外で仕事をしなければならなくなるためです。

 

お金を稼げるようになるための条件の1つに

英語力があります。

 

その他にパソコンや投資に関する知識も

条件になります。

 

英語ができると必ず

お金持ちになれるわけではありません

 

しかしお金持ちになりたいなら、

英語ができるようになる必要があります。

 

仕事で使える英語力をつけるには

TOEICの勉強をするのがおすすめです。

 

TOEICは仕事で使える英語力の養成を

目的としています。

 

単語や長文も実際の

仕事場を想定していることが多いです。

 

・メールや電話のやり取り

 

・会議やプレゼン など

 

お金を稼げるようになりたいならば

TOEICの勉強を始めましょう。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

お金持ちになるためには

英語の勉強をすることが条件となります。

 

例文をたくさん覚えたり、

TOEICの勉強をして

仕事の現場で使える英語力を身につけましょう。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました