新卒で貯金は一人暮らしでも可能?逆にどれくらいしたらよい?

 

一人暮らしの社会人は

月々の生活費以外にも

お金が必要になることが多いです。

 

結婚式のご祝儀。

 

私が社会人だった時は

本厄を迎える男性社員の厄払いの会に

毎年10000円も支払い

会に参加しなければなりませんでした。

 

その他にも怪我をしたり病気になり

医療費が高額になる可能性も

考えておかなければなりません。

 

社会人になり

お給料をもらうようになったら、

すぐにでも毎月貯金を始めましょう。

 

何かあった時に貯金していて良かったと

心から思える日が必ずやってきます(´ω`)

 

新卒一人暮らしの貯金の平均額は

年間で40万円程度とされています。

 

貯金体質になるよう

アクションを起こしましょう。

 

・先取り貯金をする。

 

・会社の財形貯蓄制度を利用する。

 

・500円玉貯金をする。など

 

本文で詳しくご紹介します。

 

新卒一人暮らしの貯金の平均額は?どれくらいすればいい?

 

新卒一人暮らしの貯金の平均額は

年間で約40万円です。

 

40÷12=3.33…

 

1ヶ月に換算すると33000円程度となります。

 

1ヶ月に3万円はなかなか厳しい

と感じる人も多いことでしょう。

 

ボーナスが出た時に多めに貯金すると

毎月楽になります。

 

この平均額はあくまで目安です。

 

全く貯金をしない人の割合も20%程度あります。

 

その反対で年間100万円程度

貯金している人もいます。

 

貯金をしている人としていない人の差が

とても大きいです。

 

あまり数値にとらわれることなく、

自分ができる範囲で貯金をすれば良いです。

 

毎月10000円貯金したとしても

年間で12万円貯めることができます。

 

10年間貯金を続けると120万円になります。

 

あればあるだけ使う生活を続けていると

10年後の貯金はゼロです。

 

それどころか

クレジットカード支払いやキャッシングなどで

負債を抱えているかもしれません。

 

長い目で見ると、

毎月コツコツと貯金することが

いかに大切かが分かります。

 

 

新卒一人暮らしでも貯金できるようになるためのアクション!

 

貯金は大切かな?

 

今あなたがそのように思っているだけでも

素晴らしいことです。

 

私は貯金について

考えたことすらありませんでした。

 

結婚してから初めて

貯金をしておけば良かったと感じました(^^;)

 

新卒一人暮らしでも

貯金できるようになるための

アクションをご紹介します。

 

先取り貯金をする。

 

毎月残ったお金を貯金に回そう!

 

そのように考える人は

なかなか貯金ができません。

 

貯金ができる人はお給料が振り込まれると、

まずそこから決めた額を取り出し貯金します。

 

貯金専用の通帳を作っておくのがポイントです。

 

振込や引き落としもされる通帳では、

貯金の管理がしにくいためです。

 

 

財形貯蓄制度を利用する。

 

会社の財形貯蓄制度を

利用するのもおすすめです。

 

自分で先取り貯金をしても

ついつい使ってしまいそう…

 

そんな人に特におすすめです。

 

財形貯蓄制度で貯めたお金は

ATMではおろすことができません。

 

おろすには口座そのものを

解約しなければなりません。

 

そこまでするなら

おろさずに少し我慢しようとなります。

 

ついつい使ってしまうを

なくすことができます。

 

 

500円玉貯金をする。

 

楽しみながら貯金をしたい。

 

そんなあなたには

500円玉貯金がおすすめです。

 

500円玉ができたら

それを貯金すれば良いのです。

 

楽しみながらけっこうな

額を貯めることができます。

 

瓶に貯めても良いですが、

500円玉専用の貯金通帳を作るのが

おすすめです。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

社会人で一人暮らしを始めたら、

万一に備え毎月貯金をしましょう。

 

貯金をしないと必ず後悔する時が訪れます…

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました