サブスク解禁が意味することとは?解禁が待たれる大物アーティスト!

 

あちこちでサブスク解禁の

文字を見かけるようになりました。

 

よく見るけど

サブスクって何?と

思っている方も多いのではないでしょうか(‘ω’)

 

サブスクとは楽曲の購入形態のひとつです。

 

1曲ごとに料金が発生する

従来の購入形態とは異なります。

 

利用期間に対し

料金を支払うシステムです。

 

聴けば聴くほどお得になります。

 

日本を代表する大物アーティスト

ミスチルや嵐などもサブスク解禁しています。

 

2020年サブスク解禁が待たれる

大物アーティストを

ランキング形式でご紹介します♪

 

サブスク解禁にはどんな意味がある?

 

アーティストの楽曲販売形態に

新しい時代が到来しました。

 

私はCDを購入するのが当たり前の時代に

育ちました。

 

しかしこれからは

サブスクリプション方式で音楽を聴くことが

主流になる見通しです。

 

サブスクと略されていますが

正式にはサブスクリプションです。

 

主に加入・予約・購買の意味を持っています。

 

造語ではなく実際にある英単語です。

 

subscriptionと綴ります。

 

サブスクリプション方式とは

販売形態のひとつです。

 

定額見放題のHuluなどの

動画配信サービスのようなものと考えると

イメージがつきやすいと思います(‘ω’)

 

これまではCDを購入したり

音楽をダウンロードする場合、

1曲ごとに料金がかかりました。

 

一方サブスクリプション方式は

利用期間に対し料金を支払います

 

この期間は音楽が聴き放題になります。

 

日常的に音楽を聴いている人にとっては

大変お得なサービスと言えます。

 

このサブスクリプション方式に

参入するとアーティストは

サブスク解禁したと言われます。

 

 

サブスク解禁が待たれる大物アーティストランキング!

 

嵐やサザンオールスターズも

サブスク解禁しています。

 

サブスク解禁はしないのではないかと

思っていたため、

とても驚きました(‘ω’)

 

2020年サブスク解禁が待たれる

大物アーティストの

ランキングを作成しました。

 

1位 米津玄師

 

個人的にはサブスク解禁はせずに

CDでじっくり聴きたいとの

気持ちが強いです。

 

Lemonは何度聴いても

心を打たれる名曲ですよね。

 

米津玄師のサブスク解禁を

心待ちにしているファンが

とても多いです。

 

そのため第1位に選びました!

 

 

2位 RADWIMPS

 

米津玄師と並ぶ大物アーティストです。

 

野田洋次郎が描く世界観は天才的だと

思います。

 

RADWIMPSの楽曲に関しては

オリジナルアルバムが

部分的に解禁されています。

 

しかし誰もが聴きたいと願う楽曲は

解禁されていません。

 

☆愛にできることはまだあるかい

☆前前前世

 

これらの楽曲も解禁されることを

願うばかりです。

 

 

3位 B’z

 

数々の大ヒット作を生み出したB’zも

サブスク解禁していない

大物アーティストです。

 

B’zにはものすごい数の楽曲があります。

 

サブスク解禁したら

いつでも好きなだけ

聴くことができるようになります。

 

サザンオールスターズも

サブスク解禁しているので

B’zにも解禁して欲しいとの

声が殺到しています。

 

 

4位 aiko

 

恋歌の女王aikoも

サブスク解禁が待たれるところです。

 

失恋や片想いソングが多いため

aikoに救われたとの声が多いです。

 

 

― 追記 ―

2020年2月26日からついに

aikoさんがサブスク解禁することに

なりました。

 

デビュー曲から26日発売の新曲「青空」までの

シングル39作、アルバム13作の全414曲が

各主要サイトで一斉配信されます。

 

楽しみですね!

 

 

5位 中島みゆき

 

中島みゆきさんも

サブスク解禁が待たれる

大物アーティストです。

 

中島みゆきさんの歌は力強く、

背中を後押ししてくれます。

 

元気がない日は

中島みゆきの歌で元気をもらいましょう。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

今後楽曲はサブスクリプション方式が

主流になる見込みです。

 

音楽が聴き放題なのは嬉しいですよね(´ω`)

 

今回ご紹介した大物アーティストが全て

サブスク解禁したら

利用者も今以上に

爆発的に増えることでしょう!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました