生後3ヶ月の赤ちゃんを飛行機に乗せても大丈夫?乗り切るためのコツ!

生後3ヶ月の赤ちゃんと一緒に

飛行機に乗っても大丈夫?

授乳やミルク、オムツ交換、突然泣き出すなど

気になる要素が多いです。

そのため生後3ヶ月の赤ちゃんと一緒に

飛行機に乗ることを不安に思われる方も

多いことでしょう。

しかし心配することはありません

飛行機に長時間乗り、海外に行く家族もいます。

生後3ヶ月の赤ちゃんを飛行機に乗せるのは

問題ありません。

航空会社も赤ちゃんを乗せることを

禁止にしていません。

ミルクの調乳をしてくれるなど

赤ちゃん連れのファミリーに協力的です。

赤ちゃんやママが快適に過ごせるように

準備をしておくと快適に過ごすことができます。

座席の位置や耳抜きなど。

赤ちゃんが快適に過ごせるように

お気に入りのおもちゃやブランケットを

持ち込むのもおすすめです。

スポンサーリンク

生後3ヶ月の赤ちゃんを飛行機に乗せるときに気を付けるべきポイント!

赤ちゃんと飛行機

生後3ヶ月の赤ちゃんを飛行機に乗せる時に

気を付けるべきポイントはこちらです!

耳抜き

飛行機の離着陸時は、

耳が詰まったり痛くなったりします。

赤ちゃんだけでなく誰にでもあることです。

耳に違和感が出るのは

気圧が急激に変化するためです。

生後3ヶ月の赤ちゃんは、

飛行機の離着陸の前に

授乳またはミルクを飲ませることで

耳抜きをすることができます

そのため赤ちゃんが

ぐずったり泣いたりしなくなります。

特にミルクを飲ませる時は、

時間に余裕を持って準備しておきましょう。

座席

生後3ヶ月の赤ちゃんを飛行機に乗せる時は、

座席の取り方にも気を付けましょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんは

突然大泣きすることも珍しくありません。

そんな時にさっと外に出れる

通路側の後部座席がおすすめです。

オムツ交換

機内でのオムツ交換は

基本的に座席ではなくトイレ内で行います。

トイレ内は狭いです。

飛行機に乗る前にオムツ交換をしておくと

乗ってからが楽です。

赤ちゃん関連の物を1つの袋にまとめておく

バタバタと慌てずに済むよう、

赤ちゃんに関するアイテムは

1つの袋にまとめておきましょう。

授乳・ミルク

ミルクの時は、客室乗務員さんに頼んで

作ってもらいます。

授乳は基本的に座席でしなければなりません。

トイレで授乳するのはマナー違反になります。

授乳ケープをしていても

周囲の目が気になるママも

多いのではないでしょうか?

気になるなら飛行機の時だけ

ミルクに切り替えるのもおすすめです。

生後3ヶ月の赤ちゃんが飛行機で快適に過ごせるためにできる工夫とは?

生後3ヶ月の赤ちゃんを飛行機に乗せる時、

ママは心配事でいっぱいになります。

突然泣き出したら嫌だなぁ。

授乳で近くに人がいるのは嫌だな。 など

ママだけでなく、

生後3ヶ月の赤ちゃんも

違う環境に長時間いることで

ストレスを感じています。

生後3ヶ月の赤ちゃんが

飛行機で快適に過ごせるために

できる工夫をご紹介します。

飛行機の時間帯

赤ちゃんがよく寝る時間帯に飛ぶ飛行機を

予約するのがおすすめです。

国内の移動なら赤ちゃんが

ずっと寝ているなんてこともあります。

お気に入りのおもちゃなどを持参する

普段赤ちゃんが愛用しているおもちゃや

ブランケットなどがありませんか?

お気に入りの物を用意しておくことで

生後3ヶ月の赤ちゃんも

快適に機内で過ごすことができます。

さいごに

生後3ヶ月の赤ちゃんを飛行機に乗せる時の

注意点についてご紹介しました。

万全に準備をしておけば、

慌てずに対応することができます。

生後3ヶ月の赤ちゃんと飛行機に乗る家庭は

多いので不安に思うことはありません(^^)

赤ちゃんとの飛行機旅をお楽しみください。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする