納骨式と49日を一緒に行うべき?スムーズに終わらせるために!

 

納骨式をいつ行うかは

特に決まりはありません

 

そのため納骨式を

節目となる49日と一緒に行う人も多いです。

 

49日を堺に、故人があの世へ旅立つため

特に重要とされています。

 

納骨式と49日を一緒に行うことで、

大きなメリットもあります。

 

▪僧侶や親族への日時の調整の負担が

軽減すること。

 

▪会食と引き出物を

1度にまとめることができること。

 

▪参列者の負担を軽くすることができること。

 

一家族だけでなく、

何世帯か集まる場合に、

このメリットを特に実感することができます。

 

納骨式と49日をスムーズに行うために、

一般的な流れとやるべきことについても

ご紹介しますね。

 

納骨式と49日を一緒に行うことが多い場合とは?

納骨式

 

49日の法要は特に重要とされています。

 

この日を堺に、故人の魂があの世に旅立つと

伝えられているためです。

 

一方で納骨式をいつ行うかについては、

特に決まりはありません

 

3周忌までに納骨をするのが望まれています。

 

1周忌までに納骨を済ませる人が多いです。

 

納骨式の時期に決まりがないため、

特に重要となる49日の法要と

一緒に行う人も多いです。

 

特に一家族だけでなく、

何世帯もの親族を呼ぶ場合に

納骨式と49日を同時に行うことが多いです。

 

納骨式と49日を一緒に行うことで、

いくつかのメリットがあるためです。

 

 

納骨式と49日を一緒に行うメリット!

 

納骨式と49日を一緒に行うメリットは、

大きく3つあります。

 

日時の調整が1度で済むことです。

 

また会食と引き出物を

1度にまとめることができるのも、

メリットだと言えます。

 

参列者の負担が減らせるのも大きな

メリットです。

 

特に親族が遠方に住んでいる場合、

納骨式と49日の両方に呼ぶことは、

相手にとって大変な負担になります。

 

一緒に行う場合は、

49日の後に納骨式を行います。

 

一般的な流れをご紹介しますね。

 

49日の法要後にお墓に移動します。

 

49日の法要後にお墓に移動するため、

どこで法要をするのかも

大切なポイントになります。

 

49日の法要は、本堂と自宅の他、

墓地の霊室で行うのが一般的です。

 

お墓に移動したら、納骨式を行います。

 

納骨式後に会食する場所に移動します。

 

喪主の挨拶後に会食をし、

会食が終わったら引き出物を渡します。

 

 

では次に、

納骨式と49日をスムーズに行うために、

やるべきことについてご紹介しますね。

 

▪日時の調整

 

僧侶や親族へ連絡し、

1ヶ月前に調整しておくことが望ましいです。

 

 

▪僧侶へのお布施などお金の準備をする。

 

▪会食と引き出物の手配をする。

 

 

▪墓石の掃除

 

納骨式の前には、墓石の掃除もお忘れなく!

 

 

▪喪服の準備

 

直前にバタバタ慌てなくて済むように、

1ヶ月くらい前から準備を始めましょう。

 

この中で特に気になるのが、

僧侶に対するお布施ではないでしょうか?(‘ω’)

 

納骨式と49日を一緒に行う場合に

僧侶に渡す金額の相場は、

このようになっています。

 

お布施として6〜10万円包みます。

 

この他に御車代、

会食なしの場合は御食事代も必要になります。

 

 

さいごに

 

納骨式をいつ行うかについては、

特に決まりはありません。

 

そのため重要な節目となる

49日の法要時に納骨式も

一緒に行うケースが多いです。

 

一緒にすることで、

様々なメリットもあります。

 

▪日時調整の負担が軽くなる。

 

▪参列者の負担が軽くなる。

 

▪会食と引き出物をまとめることができる。

 

納骨式と49日を滞りなく済ませるために、

1ヶ月くらい前から準備を始めましょう。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました