納骨時お布施はいつ渡す?知っておくべきマナーや相場!

 

納骨式を行った時のお布施のマナーについて

ご紹介します。

 

必ずこうしなければならないという

決まりはありません

 

しかし基本的なマナーがあります。

 

最低限のマナーとして覚えておくと

安心して納骨式をとりおこなうことが

できます。

 

納骨式の時に包むお布施の相場は3〜5万円です。

 

しかしこの他に御車料と御膳料とを

別に包みます。

 

御車料と御膳料の目安は、

それぞれ5千〜1万円です。

 

納骨式の前か後のどちらかで

住職に挨拶をした時に渡すのがおすすめです。

 

この記事を読むと

次の項目について知ることができます。

 

▪納骨時のお布施を渡すタイミングと相場

 

▪お布施の袋の選び方や

表書きの書き方、包み方のマナーについて

 

納骨時のお布施を渡すタイミングや相場とは?

納骨時お布施を渡すタイミング

 

お布施は納骨式の前または後に、

住職に挨拶をした後に渡すのがおすすめです。

 

必ずこうしなければならないという決まりは

ありません

 

状況を見ながら

臨機応変に対応するようにしましょう。

 

住職にお布施を渡す時の挨拶の例を

ご紹介しますね。

 

【納骨式の前に渡す場合】

 

本日は納骨式をどうぞよろしくお願いいたします。

 

こちらはお礼です。

 

どうぞお納めください。

 

 

【納骨式の後に渡す場合】

 

本日は心のこもった納骨式をしていただき、

ありがとうございました。

 

こちらはお礼です。

 

どうぞお納めください。

 

 

では次に納骨時のお布施の相場について

ご紹介しますね。

 

納骨式を行う時の相場は3〜5万円です。

 

納骨式と開眼式を一緒にとりおこなう場合は

さらに3〜10万円を包みます。

 

お布施以外にもお金を包むのがマナーです。

 

▪御車料(交通費)

 

住職が本堂を離れて納骨式を

行う際に必要となります。

 

相場は5千〜1万円です。

 

 

▪御膳料(食事代)

 

会食に住職が加わらない時や

会食をしない時に包みます。

 

相場は5千〜1万円です。

 

 

納骨時のお布施の準備もしっかりと!袋の選び方や表書き・包み方等のマナー

お布施

 

お布施とお車代、御膳代は

別々に包むのがマナーです。

 

袋の選び方や表書き、包み方のマナーを

ご紹介します。

 

【袋の選び方】

 

黒い水引きのついた封筒は使いません

 

普通の白い封筒を3枚用意しましょう。

 

封筒は中が2重になっているものは避け、

1重のものを選びます。

 

2重だと不幸が重なるという意味合いを

持ってしまうためです。

 

 

【包み方のマナー】

 

お布施を渡す時は、

切手盆に乗せるか

袱紗(ふくさ)に包んで渡します。

 

袱紗には様々な種類があります。

 

納骨式のお布施を包む時は

寒色の袱紗を選ぶのがマナーです。

 

紫の袱紗は、慶事も含めて様々なシーンで

使うことができます。

 

袱紗で封筒を包む方法をご紹介しますね。

 

①袱紗が菱形になるよう広げます。

 

②袱紗の中心の少し右側に封筒を置きます。

 

③袱紗の右を左にもっていきます。

 

④下を上に、上を下に折り畳みます。

 

⑤左を折ります。

 

爪のついた袱紗の場合は、

後ろ側を爪でとめます。

 

 

【表書きの書き方】

 

それぞれの封筒の表に

▪御布施

▪御車料

▪御膳料

と書きます。

 

この時マジックや鉛筆、ボールペンを使うのは

避けましょう。

 

筆ペンを使うのがおすすめです。

 

 

さいごに

 

納骨式の時に渡すお布施のタイミングや金額は、

明確に定められているわけではありません。

 

基本的なマナーを知っておくと、

安心して納骨式を行うことができます。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました